カラッポメモ

Shadowverseとかについて書きます

2pick稼ぎ方考察

2pickでいかに効率よくパックを稼ぐかについて考察していきます。

ダークネスエボルブでの考察はこちら。(ダークネスエボルヴでの2pick考察

この記事の内容が前提となっているので、先にこちらから読むと良いと思います。

 

はじめに

 私は無課金でプレイしているので、2pickはそれなりにやっていて現在こんな感じです。9/8以降の全69戦で平均3.85勝の-505ルピで、無限周回には少し足りません。

f:id:siraisatoru:20160923001924p:plain

詳しい戦歴はこちら。(2pickの戦歴と反省と新弾後の展望)

 

 

平均勝利数は関係ない

 2pickで稼ぐために重要なのは平均勝利数でなく、5勝する確率です。
 例えば、2回2pickをして「3勝と4勝」と「0勝と5勝」では、平均勝利数では前者が上ですが、報酬は後者の方が大きいです(前者が75ルピ+140ルピ、後者が0ルピ+250ルピくらいです)。よって求めるべきは平均勝利数ではなく、5勝をいかにして取るかです

 5勝の報酬が極端に多いために、勝てないデッキではさっさとリタイアするほうが効率よくパックを開けれられることもあります。(2pickでリタイアする方が稼げる理由 - カラッポメモ

 

 

先行と後攻のどちらが有利か

 後攻の方が明らかに有利です。進化権+1回はテンポの面で、初手+1枚は安定性の面で強力です。

 しかし、5戦の間には先行を取らずに済むことはほとんどないので、5勝するにはいかにして先行で勝つかが重要です

 

 

先行で勝つために

 先行である「先にフォロワーを展開できる」点を利用するために、2マナフォロワーは最低でも6枚は取ります。スペルを除いて6枚です。ロイヤルはこの点を達成しやすく優秀です。多すぎる分には3マナの数を減らすなど調整すれば問題無いです。

 また、後攻の2マナ2/2に対抗するために3マナ2/3を、4マナ進化に対抗するために3/4より4/3を、5マナで進化を有効に使うために5/4/5などを少し優先して取ります。

 

 

プレイング

 2マナフォロワーが6枚以上入った序盤から攻めるデッキでは、盤面を取って殴り切るのが主要な勝ち筋です。進化も積極的に使います。手札が自然に切れる前に殴り切ることが大半なので、ドローするカードやサタンの優先度は低いです。

 実際の場面でのプレイングに関しては上手い方の動画を見たり、1戦ごとにメモを取って反省したりすると良いと思います。

 こちらでも解説しています。(2pickネクロ解説-プレイング - カラッポメモ

 

 

ピックについて

 2pickでは2枚セットでカードを選択するので、強いカードに付属してきた弱いカードも取らなければならない場合があります。弱いカードが1枚でも手札で腐ると厳しい状況になります(特に先行)。5勝するためには、できるだけ弱いカードを取らないことを重視してピックする必要があります

 弱いカードというのは、マナコストに合っていない効果のカード(王家の御旗や騎士王の威光など)や難しいコンボが前提のカード(復讐の悪魔やミッドナイトヴァンパイア)のことです。よくわからないときは、有名な人やサイトの「とってはいけないカードリスト」を見ると良いと思います。

 具体的なpickについては、こちらでも解説しています。(2pickネクロ解説-pick - カラッポメモ

 

 

リーダーの優先度

新パックが出るまではこれで変わることはないと思います。(新弾語のリーダー評価は、冒頭のリンク先の記事に書いています。)

以下で各リーダーについて簡単に補足します。

S:エルフ、ロイヤル

A:ヴァンパイア、ネクロマンサー

B:ドラゴン

C:ビショップ、ウィッチ

 

エルフ

 コンボ効果のあるカードはどれも強力に盤面に作用します。除去カードも強いです。

 エルフの場合はピックでデッキの方針が大きく変わります。第1ピックでティターニアやペタルフェンサーをとった場合は、フェアリーキャスターや妖精の楽園さえもピックしてフェアリーを集めます。そうでない場合はそれなりにフェアリーも取りつつ、後半のマグナボタニスト、エルダートレント、フォレストジャイアント辺りで盤面を制圧するデッキを目指します。タムリンなどが多く取れたら軽いマナのカードを増やして一気に攻めるデッキもありです。どの方針でも共通でフェアリーサークルとフェアリーウィスパラー、エルフプリンセスメイジは再優先で取ります。

 コンボを目指す性質上、うまくピックできず非常に弱いデッキになる可能性も少なくありません。しかし、最初に述べたとおり目的は5勝なので、たまに全敗しても気にしなくてokです。

  他のリーダーと比べて扱いづらいので、ゲームを始めたばかりの方はロイヤルかネクロを使うことをおすすめします。

 

 

ロイヤル

 単体で役にたたないカードが少ない上に、乙姫やセージコマンダー、フローラルフェンサーと壊れた性能のカードも存在します。2マナ帯に優秀なフォロワーが多く、先行でも勝てるデッキを組みやすいのも良い点です。

 他のリーダーより前よりなマナカーブのデッキを作っていきます。

 

 

ネクロマンサー

 ネクロマンスは2pickでも発動させやすい上に除去も優秀です。ただ金とレジェンド以外に飛び抜けて強いカードがないので、自分から勝ちに行くのが難しいこともあります。ソウルコンバージョンや幽体化など役に立たないカードも意外と多いです。

 ピックの際は、3マナで優秀なカードはいつでも取れるので、他マナのカードを優先してデッキを作るとマナカーブの良いデッキに仕上がります。

 

ヴァンパイア

 自分にダメージを受ける代わりにスタッツの良いフォロワーは、2pickとの相性が非常に良いです。復讐もそれなりに狙って発動できます。

 復讐の特性上、相手が慎重に攻めてくることが多いので試合が長引きやすいリーダーです。疾走や大型のフォロワーを他のリーダーのときより少し多めに入れると良いです。

 ただ、どのリーダーでもギルガメッシュがそれなりにいたり、ロイヤルには構築より多くの潜伏が入ってたりして5勝しづらいです。

 

 

ドラゴン

 ファイヤーリザードやアイラ、ジルニトラなど反則級に強いカードを多く引ければ強いです。普通引けないのであまり強くありません。また、ドラゴンは事故率の高いデッキになりがちなので、5戦中に1回くらいは事故ってしまい、5勝しにくいです。

 ドラゴンの魅力であるスタッツの高い大型が、最も数の多いロイヤルの「攻撃力5以上のフォロワーを破壊する」に引っかかるのも向かい風です。

 

 

ウィッチ

 上で先行で勝つためには2マナのフォロワーが6枚必要だと書きましたが、ウィッチでその方針を取るとスペルが減って、スペルブースト系のカードがマナ以下の性能しか出せなくなります。土の秘術も安定して使うことができず弱いです。

 

 

ビショップ

 アミュレットが使いづらく、安定したデッキを作りにくいです。5勝するには安定したデッキが望ましいです。高いマナのカードも盤面に干渉できないものが多く使いづらいです。