読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラッポメモ

Shadowverseとかについて書きます

ShadowVerseとHearthStoneそれぞれの魅力紹介

よくHearthStoneよりShadowVerseの方がお金がかかると言われますが、私は一概にそうではないと考えています。そのような見解をまとめた記事です。

どちらのゲームも好きで多少やりこんでいます(Legend最高69位,AA1勝利数435)。

 

 

ShadowVerseの魅力


イラストが綺麗

 Shadowoverseのカードには進撃のバハムートというソーシャルゲームのイラストが使われています。元のゲームがイラストを売りにしていただけあって、とても綺麗です。

 HearthStoneのイラストは綺麗でなくはないのですが、ザ・海外という感じで、抵抗のある人もいそうです。逆に萌え系の絵に抵抗のある人にはHearthStoneの方が合っています。

 

コンボ色が強い

 例えば、冥府への道(墓地が30枚以上なら毎ターン全体に6ダメージ)というカードがあって、ShadowVerseでは現在このカードを勝ち筋としたデッキが環境トップです。この他にもコンボ色の強いカードが多く存在します。国産のカードゲーム(遊戯王やデュエルマスターズなど)もコンボ色が強いので、それらをやっていた人は馴染みやすいです。 

 HearthStoneではコンボ色の強いカードは少なめです。また、強いコンボは修正されることが多いです(ワーソンやロアコン)。コンボがないからといって奥深くないというわけではなく、むしろ細かいアドバンテージを重視するので難しいです。

 

無課金でも最高ランクを目指せる

 よくShadowVerseの方がお金がかかると言われていますが、HearthStoneでは無課金で最高ランクに到達するのは困難です

 HearthStoneの強いデッキにはアドベンチャーというモードを購入しないと手に入らないカードが必要で、それを無課金で買うのは絶望的です。アドベンチャー1つの価格は2400-3000円で、現在3つあるうちの2つは欲しいです。逆に5000円ほど出してしまえば、様々なデッキを組みやすくなります

  ShadowVerseの方が1つのデッキにかかる費用は大きいものの、無課金でも強いデッキを1つは作ることができます。

 

進化システム

 HearthStoneとルールが酷似しているShadowVerseですが、進化システムはShadowVerseにしかありません。進化をすると場に出したばかりのモンスターが攻撃できるようになり、特別な効果も発動します。使うタイミングで実力差が出る部分で、爽快感もあり、中々に良いです。

 

HearthStoneの魅力 

競技性が高い

 どちらにもランク戦がありますが、HearthStoneの方が実力を重視しています
 ShadowVerseのランク戦は50%ほどの勝率があれば、戦えば戦うほどポイントが溜まりランキングに乗れます。実力だけでなくかける時間も重要なシステムです。また、Master(最高ランク)に到達するには45000BPを稼ぐ必要があり、勝率が恐ろしく高い人でも600勝以上しないと到達できず、とにかく時間が必要です。
 HearthStoneのLegend(最高ランク)は毎月ランクがリセットされるものの、150勝程度で十分到達できます。Legend以降の順位は単純な勝利数ではなく勝率が重要です。Legend上位に到達すれば公式が開催している世界大会の予選に参加することができます。 

 

全世界でのユーザー数が多い

 HearthStoneのユーザー数は4000万人を突破しています。海外にはプロプレイヤーも多く、毎年公式で世界大会が開かれます。

 ShadowVerseは400万ダウンロードを突破していますが、これはリセマラを含む数です。日本でのユーザー数は決して少なくありませんが、規模が違います。

 

運営に対する信頼

 HearthStoneはBlizzardというアメリカのPCゲームの会社に開発・運営されています。StarCraftやWarCraft、最近ではOverwatchが有名です。

 メンテナンスはいつも時間内に終わり、致命的なバグは全くありません。最近になって、40パック中に必ず1枚はレジェンドが当たる救済タイマーがあることが判明したときは感動しました。これはサービス開始時からあったらしいのですが、運営側からは公表されていなかった制度です(公表するまでもなく当たり前に実装していたのでしょう)。極端に不運なプレイヤーが出ないようにする素晴らしい配慮です。

 ShadowVerseはCygamesという日本のソーシャルゲームの会社に開発・運営されています。グラブルや進撃のバハムートが有名です。ソーシャルゲームではありがちですが、メンテナンスやアナウンスが遅れたりバグがあったりするのは当たり前で、侘び石を配る(謝罪の一文と共に課金アイテムを配布する)ことで対応しています。酷いバグは段々と修正されていますが、「対戦中に通信が切れると絶対に復帰できず敗北扱いになる」という致命的な不具合は、未だ修正される気配はありません。

 

ヒーローパワー

 HearthStoneにのみ存在するシステムで,毎ターンコストを払えば使える効果です。ヒーローパワーはキャラクターごとに設定されていて個性が色濃く出ます。また、ヒーローパワーは手札を消費せず使えるので、序盤何も出せなくてもヒーローパワーを使えば、あっさり負けることが少ないです。

 

 以上です。

 私個人としてはコンボ色の強いデッキが好きで(遊戯王ならインゼクターや天変地異、ポケモンカードならカメルギアが好きでした)、そのようなデッキで遊べるShadowVerseをメインに遊んでいます。

それでは(・ω・)ノ