カラッポメモ

デジタルTCGについて書きます

コンボエルフ-デッキ構成解説(ダークネスエボルヴ)

コンボエルフの、デッキ構成についての解説です。

 

デッキの使い方については別記事で解説しています。

www.karappo-memo.net

 

 

デッキレシピ

f:id:siraisatoru:20161005100647p:plain

 

方針

 リノセウスコンボで勝つことを目的としたデッキです。リノセウスを戻すカードはメイや新弾のティアを使いまわしにも使え、粘り強く戦うこともできるようにしています。

 ダークネスエボルヴ実装初日には、シンシアを入れたテンポエルフを使っていました。しかし、エルフミラーが多くエルフメタのエンジェルバレッジも多い環境になり、シンシアの採用に疑問を抱き、このデッキを構築しました。

 

 

採用したカード

ダンジョンフェアリー

 メイやティアを再利用することができる強力なカードです。腐ることもないので3枚採用です。もちろん、リノセウスコンボの戻す要員としても役に立ちます。 

 

フェアリーブリンガー

 構築ではほとんど見ないカードです。0コストのフェアリーを作ることでリノセウスのコンボを強くしたり、ティアを1ターン早く出せるのが便利で採用しています。また、エルフミラーの2ターン目では2/2より強く、現在のテンポエルフ環境にあっています。ただ、効果を発動できないこともあり、1枚のみの採用です。

 エルフが少ないときはワンダーエルフメイジに替えます。

 

ワンダーエルフメイジ 

 とにかくリノセウスを引くために採用しています。エルフミラーの序盤で弱いので、3枚ではなく2枚です。

 

翅の輝き

 このカードとワンダーエルフメイジを採用することで、リノセウスを安定して引けるようになりました。これなしではこのデッキは成立しません。

 

森荒らしの報い

 今までなら文句なく3枚入っていたカードですが、ロイヤルとネクロも少ないため2枚に減らしました。テンポエルフの序盤に対して役に立たないこともあります。

 

クリスタリアプリンセス・ティア

 とにかくパワーカードです。このデッキでは手札に戻すカードが多いので、再利用できるように丁寧に使います。具体的にはメイで射抜かれないように単体で残らないようにしたり、横のフォロワーを進化させて圧力をかけたりって感じです。

 

ブレスフェアリーダンサー

 効果的に使えれば非常に強いカードです。このカードは主軸ではなく、あくまで腐らない範囲で使いたいので1枚です。

  

死の舞踏

 エルフ、ランプドラゴン、疾走ビショップへのメタカードです。このカードがないと巨大なエンシェントエルフやファフニールを上手く返すことが出来ません。また、バーンダメージもリノセウスで足りない分の補助になり便利です。

 ロイヤルやネクロが多いときは、このカードを減らして森荒らしの報いを増やします。

 

 

採用しなかったカード

エルフの少女・リザ

 スタッツも効果も便利なカードですが、このデッキでは他のカードで枠が埋まっています。超越ウィッチや冥府エルフが増えるようなら、メタカードとして採用します。

 

妖精のいたずら

 カードを手札に戻せ、場を圧迫しないためダンジョンフェアリーより使い勝手の良い場面もあるカードです。しかし、現在の最も多いエルフに対して、全く使いどころがありません。秘術ウィッチや疾走ドラゴンが流行るようなら採用を検討します。

 

風神

 シンシアとブレスフェアリーダンサーの方が強いと考えているので、それらを3枚入れていない時点で候補に挙がっていません。5マナ2/5は綺麗に処理されやすいスタッツで、盤面が弱いときに全く役に立ちません。現状最も多いエルフミラーではメイを引けているかどうかで盤面が決まるので、盤面を取れる保障は全くありません。

 

エルフナイト・シンシア

 強力なカードで、ダークネスエボルヴ実装初日はこのカードを入れたテンポエルフを使っていました。しかし、以下の3点が気になりました。

・リノセウスを引けないと結局ライフを削りきれない

リノセウスを引けないと、最後を削り切れない場面が少なからずありました。逆にリノセウスを引ければ10点以上削れるので、このカードで削る必要がないと感じることもありました。

・対エルフで不安定

現状最も数の多いエルフミラーでは、基本的にメイを引けている方がフォロワーを並べられます。どんなに祈っても相手よりメイを引けるわけではないので、効果を使えないことが多いです。また、5/6というスタッツはティアできれいに処理されてしまいます。

・メタカードの影響を非常に受けやすい

エンジェルバレッジやツバキ、死の舞踏が非常に刺さります。現在の環境ではどれもよく見られるカードです。

 

 

以上です。

それでは(・ω・)ノ