カラッポメモ

Shadowverseとかについて書きます

クエストローグ-デッキ解説

普段はシャドウバースのことしか書いていないブログですが、今回はハースストーンのデッキ解説です。

ランク20から使い始めて、アジアのレジェ2桁を2日ほどさまよっていたデッキです。一定数いるランク下の海賊ウォリに順位下げられるのが辛くて、一桁はあきらめました。

クエストローグとは

 クエストローグは、地底の大洞窟(クエスト)の報酬、クリスタル・コア(対戦中自分のミニオンは全て5/5になる)を使って盤面を制圧して勝利するデッキです。クエストの達成条件は「同名のミニオンを4体召喚する」ことで、低コストのミニオンを手札に戻して使いまわせば5-6t目に達成することが出来ます。クエスト達成後は1マナ5/5突撃などの強力なミニオンで勝ちにいきます。

 

デッキ

レシピ

特に何の捻りもないリストです。

f:id:siraisatoru:20170416092830p:plainf:id:siraisatoru:20170416094442p:plain

適当なカード解説

確定枠
・影隠れ、段取り、ファイアフライ、甲板員、地底の大洞窟、怪盗、パッチーズ、渡し舟、初級エンジニア、酒造大師、火成のエレメンタル、退散
 たまに退散が少ないレシピがありますが、2枚で間違いないと思います。

ほぼ確定
・石牙のイノシシ:5/5突撃強い。
・グレイシャル・シャード:ライフ守れて偉い。
・擬態の卵:意外とハズレが多いので、このカードに頼ってクエスト達成することは少ない。けど、達成後のリソース確保として強い。

自由枠
・腹裂き:マーロックの戦隊長やメガサウルスを楽に消せる。

抜いたカード
・昏倒:パワカで特にエドウィン、プリースト、ヒドラに刺さる。2日前までは入れてたけど、マーロック多すぎなので抜いた。
・ブルーギル・ウォリアー:2コス5/5突撃になるのは強いけど他を優先した。
・サルノス+ナイフの雨:ハンター、アグロドルイド、zooを意識するなら。マーロックギミックに対してはそもそも並ばせないように処理する方が良さげ。
・エドウィン:序盤に無理して出すと勝てる試合もあるけど、現環境では多くのデッキが対抗策を持ってる。
・一刺し:クエスト達成後は中々弱い。2点除去は甲板員とかブルーギルでもマナ使えばできる。
・ゴラッカ・クローラー:海賊ウォリ以外には弱すぎだし、海賊ウォリそこまで多くないし、そもそも入れたところでそんなに勝てない。

 

マリガン

基本キープ:地底の大洞窟、影隠れ、ファイアフライ、渡し舟、酒造大師
シャーマン、メイジ以外なら:火成のエレメンタル
影隠れ引いてたら:初級エンジニア
コントロールなら:初級エンジニア
2枚被ってたら:怪盗紳士、初級エンジニア
ローグなら:怪盗紳士

 当然ですが「ファイアフライ+火成のエレメンタル」、「初級エンジニア」、「怪盗紳士」はどれか1種類だけでいいです。

 

各デッキとの相性

挑発ウォリアー
有利です。乱闘やら4/8挑発+魚のエサで除去されるので、5/5は3体くらいに留めつつ、突進を手札にためてキルすればokです。

エレメンタルシャーマン
超有利です。炎の舌のトーテムの除去に手間取らない限りは、クエスト達成が7,8ターン目とかでも勝てます。

プリースト全般
かなり有利です。バフからの内なる炎でそのままキルされないようにだけ気を付けます。

フリーズメイジ
対戦数が少ないですが、不利だと思います。突撃を丁寧に使っても、凍結を超えてアイスブロックを発動させるのは難しいです。さっさとクエストを達成して殴るしかないと思います。

ミッドレンジパラディン
今は型が色々ありますが、普通の相性だと思います。腹裂きなどでマーロックを処理できればクエスト達成まで粘れます。クエスト達成後は5/5を4-5体置いてプレッシャーをかけます。

ミッドレンジハンター
普通です。序盤はクエストを放置して、ファイアフライやヒロパ+南海の甲板員で場を取りいって、後半はサバンナハイメイン等を凍結させながらクエストを達成して勝ちます。

ミラクルローグ
有利です。序盤から並べてくるデッキでなく、競売人コンボまでにはクエストを達成できて、5/5の全体除去もされません。巨大エドウィンを凍結できないと厳しいです。

アグロドルイド、トークンシャーマン
かなり不利です。ブラッドラストやロアが無いのを祈ります

海賊ウォリアー
無理です。相手が事故を起こした上で、グレイシャル・シャードを使いまわせればワンチャンあります。

 

細かいこと

使っていればすぐ気づくことばかりですが、適当に書いていきます。

4回出すミニオンの優先度

 使いまわすミニオンの優先度は、ファイアフライ(フレイムエレメンタル)>初級エンジニア>怪盗紳士>>その他、です。
 ファイアフライは1マナミニオンの供給、クエスト達成前の盤面の維持、火成のエレメンタルからもフレイムエレメンタルを出せる、など4回召喚を狙う利点が多いです。
 4回ドローというバリュー的には初級エンジニアが圧倒的に強いですが、2マナと1マナでは4回出すために必要なマナ数がかなり違い、クエスト達成が遅くなります。影隠れがあれば、早くなるので強いです。
 怪盗紳士で引いてくるカードは、クリスタル・コア発動後にバリューが低くなるものが多いです。ただ、ローグ相手のときは強いです。

段取りを使う対象の優先度

 段取りの使う対象の優先度は、クリスタル・コア=退散>>>>擬態の卵です。1ターン目で段取り+擬態の卵が揃っていても使わず我慢して、しばらくして相手が早くてどうしようもないときに使うくらいです。

突撃は大事に使う

 石牙のイノシシなんてヤバいカードが入っているのは、クエスト達成後の5/5突撃がかなり強力だからです。クエスト達成前に安易に盤面維持のために使わないのはもちろん、クエスト達成後も突撃を使いまわしてキルするつもりで、できるだけ手札に温存しておきます。

1ターン目にクエストを貼らないこともある

 ファイアフライを引いていたら、クエスト貼らずに1t目に出した方がいい場合が多々あります。1t目コイン+ヒロパの方がいいときもあります。ハンター相手のときとか。

 

おわりに

 実はハースストーンを昨年の5月頃から離れていました。1ヵ月前から復帰してアリーナをポチポチしていて、1週間前にクエストローグでランク戦に戻ってきたばかりです。解説といいながらあまり自信がないので、怪しいところがあればアドバイスをいただけるとありがたいです。